火曜日, 11月 29, 2022

そのようなタスクはたくさんありますが、実行する時間は決まっています。 祖母の時代には、特定の時間にそれらの仕事をすることが勧められました。 今日でもこれらのことが語られています。 ヒンドゥー教やヴァーストゥ・シャーストラには、時間とのつながりから見たそのような作品がたくさんあります。 日の出後の作業と日没前の作業を行うことをお勧めします。 今日の投稿では、日没後、つまり日没後にまったく実行してはならないそのような作業について説明します。 これは家の中でトラブルを引き起こす可能性があります。

日没後もこれらの9つのことをしないでください、喪のニュースが家に来るでしょう

1.ネイルとヘアカット-

日没後に爪や髪の毛を切ってはいけません。これだけでなく、髭剃りも避けてください。 これを行うことにより、負のエネルギーが家に存在します。 また、そうすることで家の借金が増えると考えられています。 したがって、この間違いをしないでください。

2.洗濯と乾燥-

日没後の衣服の洗濯も禁止されています。 これだけでなく、夕方以降に服を食べることも間違っていると考えられています。 これを行うことで、空の負のエネルギーがすべて衣服に入り、人がそれを着て病気になると考えられているので、避ける必要があります。

3.木や植物に触れたり水をやったりする-

日没後は、木に触れたり、葉を洗ったりしてはいけないと考えられています。 また、夜は水さえ与えてはいけないと考えられています。 日没後、木や植物は眠りにつくと言われています。 したがって、それらに触れたり、壊したり、水を与えたりすることは避けてください。

4.食べ物を開いたままにする-

日没後は、食べ物や水を開いたままにしないでください。 それらは常に覆われている必要があります。 それらが開いたままにされると、負のエネルギーがそれらに入ると信じられています。 人を病気にする可能性のある飲食。

5.最後の典礼を行う-

プラーナでは、日没後に最後の典礼を行うべきではないと言われています。 そうすることで、死んだ人は地獄で苦しみ、次の人生で不自由に生まれるかもしれません。

6.豆腐または米の消費-

日没後にカードを消費することは、プラーナではタブーと見なされます。 同様に、日没後は米は消費されません。

7.ほうきモップ-

日没後は家を掃除したり掃除したりしてはいけないと信じられています。 実際、これを行うとお金を失う可能性があると考えられているので、そうしないでください。

8.カードの寄付-

カードは惑星金星に関連しており、惑星金星は富と素晴らしさの提供者であると考えられています。 この幸福と繁栄がなくなるので、そのような日没時または日没後にカードを寄付するべきではありません。

9.夕暮れ時に眠る-

日没直後、つまり夕暮れ時に眠るべきではありません。 現時点では、性交もタブーと見なされています。 そうすることは夫と妻の健康に悪影響を及ぼします。 この時、礼拝はそれを暗唱した後にのみ行った。

0 Comments

Leave a Comment

『音楽の日2022』のタイムテーブル【出演者・歌唱曲一覧】