月曜日, 11月 28, 2022

糖尿病患者にとって、食事に特別な注意を払うことは非常に重要です。 過失は血糖値を上昇させる可能性があります。 同時に、食事にそれらを含めることによって、あなたの血糖値を制御下に保ついくつかの食品があります。 専門家によると、果物、緑の野菜、全粒穀物、健康的な脂肪、タンパク質を食事に含める必要があります。 昼食時にこれらのものを食べることによって多くの利益を得る。 今日の投稿では、そのようなことについてお話します。 昼食時にそれらを消費することは、糖尿病患者にとって非常に有益です。 このため、血糖値は上昇しません。

糖尿病患者は昼食時にこれらの5つのものを食べなければなりません、血糖値は作られません

1.全粒穀物と豆類-

糖尿病患者は、昼食に豆類を含める必要があります。 それらはカリウム、タンパク質、繊維および必須栄養素が豊富です。 これとは別に、全粒粉パン、ふすままたはマルチグレインパン、玄米、大麦、キノアを食品に含めます。 このため、健康的な炭水化物、繊維、タンパク質、ビタミン、ミネラルが体内に含まれています。

2.卵-

卵にはたくさんのタンパク質とすべてのアミノ酸が含まれており、健康を維持するのに役立ちます。 卵子を食べると、体内の善玉コレステロールが増加します。 体内のあらゆる種類の炎症が軽減されます。 また、血糖値の制御にも役立ちます。 毎日卵子を食べることで、2型糖尿病や高コレステロール血症のリスクを回避できます。

3.緑の葉野菜-

緑の葉野菜、果物は昼食時に食べる必要があります。 ほうれん草、フェヌグリーク、ハゼラン、ブロッコリー、ひょうたん、ヘチマ、ゴーヤを食べることができます。 これらの野菜はより少ないカロリーとより多くの栄養素を含んでいます。 同じ緑の野菜には抗酸化作用があります。 そのため、血糖値は制御されたままです。 緑の野菜はまた、心臓と目に非常に有益です。 ビタミンCはそれらに含まれており、2型糖尿病の患者にとって非常に有益です。 これにより、血圧はコントロールされたままになり、免疫力が強くなります。

4.ヨーグルト-

カードを消費することは、糖尿病患者にとって非常に有益です。 カルシウムやたんぱく質とともに多くの栄養素が含まれています。 カードにはそのような脂肪が含まれており、体重を減らして免疫力を高めるのに役立ちます。 それを食べることによって、血糖値も制御されたままになります。

5.脂肪の多い魚-

菜食主義者以外を食べる場合は、脂肪の多い魚を食事に含める必要があります。 あなたは昼食にそれを消費しなければなりません。 オメガ3脂肪酸のDHAとEPAが豊富です。 これは炎症を軽減し、心臓を健康に保ちます。 あなたの食事療法にそれを含めることを忘れないでください。

0 Comments

Leave a Comment

『音楽の日2022』のタイムテーブル【出演者・歌唱曲一覧】